竹炭・竹酢液製造販売、環境問題に取組み安心・安全かつ経済的で健康な生活を応援します

園芸用 竹酢液 

竹酢液は200種類以上の成分が総合的に働きかけます。

直接植物に吸収されて栄養となる成分は、わずかにしか含まれていません。また、直接的に働く殺菌・殺虫物質も少量しか含まれていないにもかかわらず、竹酢液を上手に使えば、肥料の吸収が良くなったり、病害虫が減ったりします。
これらは、多くの成分の総合的な働きによるものです。人間で言えばビタミンのようなものです。
助酵素・触媒的に働く、200種類もの成分を微量に含むからです。

園芸用での竹酢液の利用にみられる働き

希釈して葉面に散布すると、活力が高まり元気になり、ダニなどの害虫やいろいろな病気の予防となります。農薬と混合して散布すると、農薬の効果がアップする(アルカリ性の農薬との混合は駄目)。土に散水注入すると、センチュウや土壌病害虫を減らし、うすい状態では、有用微生物のエサとなり活発となります。
また、根の発根が良くなり、推肥に使うと発酵が役立ちます。
家畜の糞尿に使うと臭いが消え、良質な推肥ができます。

園芸用 竹酢液の使用例

品   目 病害虫名 使    用    例
トマト  センチュウ 50倍液を株元へ灌注
トマト  ウイルス 200倍液を1週間おきに散布
トマト  根腐れ病J3 竹酢液+パンの耳+竹炭土壌改良用の植穴施用
トマト、キュウリ  ネコブセンチュウ 100〜200倍液を株元へ灌注
キュウリ  うどんこ病、べと病 ニンニク入り竹酢液200倍の葉面散布
キュウリ  オンシツコナジラミ ドクダミ入り竹酢液200倍の葉面散布
キュウリ、ナス  灰色かび病、うどんこ病 活性炭+300倍竹酢液
ナス  青枯病 有機液肥に混ぜて月1〜2回灌注
ナス  ダニ ドクダミ入り竹酢液200倍の葉面散布
ピーマン  センチュウ 1500〜2000倍液を灌水がわり3回散布
メロン  ネコブセンチュウ 竹酢液+粉炭を作付け前に施用
メロン  アブラムシ 竹酢液+粉炭で忌避効果
イチゴ  メセンチュウ 100〜200倍液の散布
ハクサイ、キャベツ  根こぶ病 竹酢液入り半生推肥施用
キャベツ  べと病、コナガ 農薬+竹酢液200-300倍を10-15日間隔で散布
キャベツ、ハクサイ  軟腐病、灰色かび病 200倍液を5日おき3回散布
軟弱葉もの  立枯病 キトサン+竹酢液200倍液を土の表面に散布
サツマイモ  ネコブセンチュウ 100〜200倍液+硫酸カリ10〜20gの株元灌注
ビート  立枯病 20倍液の株元灌注
コムギ、オオムギ  縞萎縮病 4〜8倍液の散布で不活性化
リンゴ  腐らん病 20倍を1週間おき2回散布
リンゴ  腐らん病 ペースト塗布
ブドウ  うどんこ病、ダニ 50倍液の散布
ナシ  紋羽病 根を掘り上げて灌注
キク  白さび病 200uに約150リットル施用
針葉樹苗  立枯病 原液8リットル/u施用
樹木、観葉植物  カイガラムシ 200倍液を2〜3回散布


園芸用 竹酢液
単価 : 1,050円(消費税込)
数量 :



  • 本製品は原液ではなく希釈した竹酢液ですが、ご利用になる場合は付属の説明書を参考に希釈して下さい。
  • 本製品は、時間が経過すると綿状のもの(成分が化合したもの)が現れる場合がありますが、ご使用には問題ございませんので、安心してご利用下さい。


お客様からの声


1

2

その他のお薦め商品