竹炭・竹酢液製造販売、環境問題に取組み安心・安全かつ経済的で健康な生活を応援します

微量元素超ミネラルの話

【超微量元素ミネラルとは】
太古の昔、宇宙の一部であるこの地球には、奇跡的な環境と超微量元素が触媒となり生命が誕生しました。そして人類をはじめ、あらゆる生命体は体内でこの超微量元素を利用し、過酷な環境で生命を維持するために様々な進化を遂げてきたのです。
つまり超微量元素無くしては、全ての生命の誕生・維持・進化は成り立たないのです。
今、人類の超微量元素バランスは崩れ、様々な病気をもたらしています。
何の病気も無かった太古の生命体に私達を近づける為に、「足りないものを補う」それが、微量元素ミネラル水なのです。

人体は自らの力でミネラルを作り出すことができませんから、ミネラルは外から摂取する以外ありません。
つまり、人間を含めた生き物たちは、食べ物や水を通して、生命活動に不可欠なミネラルを摂取し続けなければならないわけです。
病気の急速な増加と農業との間には深いつながりがあります。日本の農業が近代化され、窒素・リン酸・カリの化学肥料が土に大量投与されるようになり、また、食生活が肉中心の海外食・インスタント食品・缶ジュース等が日常的に摂取されるようになってき頃から、生活習慣病などが急に増加してきています。今の野菜には、化学肥料が中心でミネラルが非常にわずかしか含まれていません。昔の野菜と比べたら10分の1程度しか含まれていないといわれています。穀物も昔に比べれば3分の1くらいしか含まれていないようです。
ということは、いくら野菜や穀物を沢山食べて満腹感を感じたとしても、ミネラルの摂取量としてはごくわずかということです。



下部案内文章挿入位置
さんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletextさんぷるてきすと、サンプルテキストSampletext